TOP > 製品紹介 > X-Mate > 製品概要




   
1991年の発売以来、GUI開発支援ツール「X-Mate」は、柔軟な構造と、何よりも使いやすさを追求した結果が、広くお客様に受け入れていただいております。 お客様のシビアな要求を一つ一つ実現した結果、通信、プラント制御、生産管理、監視制御といったミッションクリティカルな分野で大きな実績を築くことができました。
更に、1998年10月には、いちはやくLinuxに対応しています。

X-Mateは、UNIX、LinuxのXウィンドウ環境下で開発/実行するGUIアプリケーションの開発環境を提供します。製品セグメントとしては、Dynamic Data Visualization Tools(DDVT)に分類され、リアルタイム描画/更新機能を実現するアプリケーションに適応します。
   




■製品構成
X-Mateは対話型GUIエディタとX-Mateライブラリで構成しています。
GUI画面エディタ ビルダーは、WYSISWYGによる直感的で解りやすい環境です。CRT上にウィンドウを作成する、ウィンドウ上にオブジェクトをレイアウトする、オブジェクトのインターフェースを定義するといった一連のGUI画面作成作業を、アイコン操作でスムーズに行えます。
X-Mateライブラリ(API) MotifのWidget、Xt、Xmに相当するライブラリです。GUIオブジェクトである「描画部品」(Widget 相当)と「描画制御関数」(Xt、Xm相当)で構成されております。描画部品は、ボタン、テキスト、メニューといったベーシックな機能からスプレッドシー ト、グラフ、各種図形、イメージデータまでをカバーしています。描画制御関数は、ウィンドウオープン、オブジェクトの描画制御、メッセージ送受信等、 GUIアプリケーションに必要且つ有効な機能を、他のツールキットの1/8から1/5という関数で実現しています。そして、何よりも24時間連続使用に耐 えうる信頼性を誇っています。

PRkidは、GUI開発支援ツール「X-Mate」が提供する部品(オブジェクト)を各種プリンタ言語
に変換し印刷を 行なう為の便利な関数セットです。
画面に表示する部品=印刷できる部品ですから、印刷のために特別なアプリケーションを作成する必要がありません。