TOP > 製品紹介 >C-cubic>受託開発

《受託開発》

当社が長年蓄積した組込制御プログラミングの技術を、お客様のご要望に合わせ、C-cubicに組み込むことができます。
また、基板そのもののカスタマイズも可能です。

例えば・・・

<温度制御>
温度センサによる温度測定、及び、センサ入出力コネクタへのヒータON/OFF信号の出力により、温度(気温や水温など)を一定に保持することができます。

<気象計測>
風向、風速、雨量、光度、温湿度、大気圧などのセンサを用い、CPU内蔵のRTCによる時刻設定や、microSDへの保存などの機能を使用し、気象計測を行うことが可能です。また、無線モジュールを用いる事により、遠隔のデータ取得を可能にします。

<工場のライン制御>
I2Cによるデータ通信により、工場内のベルトコンベアの動作や速度制御、荷物の判別、荷物の分別機制御、光センサによる安全装置の監視などが可能です。

<遠隔監視>
農場でのビニールハウスの温度監視、動物の侵入検知など、センサと無線モジュールを併用し、遠隔の状況をリアルタイムで把握することができます。

<その他>
タイマ機能を利用した散水システムなど、自動制御装置の構築が可能です。